Overview

This page has not been translated yet.

Analyticsは、SkyWayの通信状況と品質を分析するための機能です。通信ログを収集・可視化することにより、エンドユーザーの通信品質の正確な把握が可能となり、迅速な問い合わせ対応や、ユーザーエクスペリエンスの向上に役立てることができます。

Analyticsの利用シーン

エンドユーザーから不具合の申告があった際、対応者はエンドユーザーの利用環境(ブラウザやOSのバージョン、使用機器の名称、等)と、通信状態をAnalyticsの画面で確認します。そうすることで、ブラウザアップデートが必要、マイクがオフになっている、ネットワーク環境の改善が必要、等の適切な案内を行うことができます。

Analyticsが収集する通信ログ

Analyticsが収集する通信ログには2種類あります。サーバ通信ログとクライアント通信ログです。クライアント通信ログは主にグラフで可視化する通信状態に関する情報です。サーバ通信ログは主にチャンネルやメンバーの基本情報ですが、SFU利用時にはSFUサーバ上の通信ログも含まれます。いずれも通話内容や個人を特定するような情報は収集しません。

クライアント通信ログの送信は、JavaScript SDK v1.7.0以降より利用可能です。iOS SDK、Android SDKについては、順次対応予定です。

クライアント通信データを収集するためには、SkyWayAuthTokenに設定を追加する必要があります(後述)。

通信ログのフロー

留意事項

AnalyticsはBeta版での提供となります。予告なく終了すること、または仕様が変更となる可能性があることをご了承ください。

商用版では、今後は通信データの統計解析機能の追加など、さらなる進化を遂げる予定です。ぜひご期待ください。